このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

業務効率化ツール

ITを便利に使うことで、本質の業務に時間を費やしパフォーマンスの最大化を実現することができます。

その場合、いくつかの方法があります。ひとつはExcelやAccessの活用スキルを向上する。
それから、ExcelやAccessのツールを購入する、または開発を委託する。
そして、最後に、Webサービスを使うことです。

ここでは、市場にある便利なWebサービスを紹介しています。

使用する人数、頻度、環境、用途に応じて賢い選択をしてください。

BTI-Aおすすめ業務効率化に役立つサイトのご紹介

■ Adaptive Planning

http://www.adaptiveplanning.co.jp/0

<<革新的な技術>>

Adaptive Planningは、あらゆる規模の企業に対応した予算編成、収益予測、帳票作成のSaaSソリューションを提供する、世界的なリーディングカンパニーです。長年CFO(最高財務責任者)を務めてきた経営陣によって2003年に設立。パフォーマンス管理分野でここ数年急成長を遂げており、顧客数も年平均成長率118%増加、急成長しています。

Adaptive PlanningのSaaS (Software as a Service) 配信モデルは、従来型の自社運用型 (オンプレミス) の予算編成、収益予測、帳票作成のソフトウェアと比べて下記の特徴があります。

  • 導入期間が短い:従来型のソフトウェアでは、コンサルティング期間に6カ月以上もかかっていましたが、Adaptive Planningでは平均3週間で済みます。
  • 使いやすく習熟が容易:Excelに似たWebベースのインターフェイスがITユーザーではなくビジネスユーザー向けに設計され、トレーニング期間が大幅に短縮し、導入までの時間が短くなりました。
  • ITへの依存が軽減:新しいハードウェア、ソフトウェア、ITサポートが不要になりました。必要なものはブラウザとインターネット接続だけです。 自動アップグレード:すべてのユーザーが常に新しい機能にアクセスでき、継続的なITサポートが不要です。
  • 低コスト:年間契約方式、プロジェクトの迅速化、ITの不要により、オンプレミス型のソリューションに比べて、先行投資や継続的なコストの両方を最大77%削減できます。

Adaptive Planningのソリューションを利用することにより、財務チームおよび管理チームは、可視化された業績指標をリアルタイムで確認し、FP&Aプロセスを効率化して、より適切な意思決定を下すことができます。従来の高額で複雑な自社運用型 (オンプレミス) BI/BPMソフトウェアを導入することなく、Excelに依存した非効率的なプロセスを見直すことができます。

<<アジア1位のリモートサポートソリューションの専門企業RSUPPORT>>

RSUPPORTは、世界で初めてウェブとアイコンを使ったリモートコントロールシステムの特許技術を商用化して以来、リモートサポート、リモートコントロール技術の世界標準を作っています。技術の進歩性を認められ、韓国で特許を獲得し、アメリカと日本など、世界市場で知的財産権が保護されています。その外、日本での強固なビジネス基盤を確保することに成功し、アメリカと中国にも法人設立後、グローバルリモートコラボレーションサービスの専門企業として成長しています。

2009年8月 Frost & Sullivanの報告書によるとRSUPPORTは、アジアシェアで34%を占めて1位を確保しています。また、2008年12月MIC経済研究所のレポートによるとRSUPPORTのリモートサポートツールは日本シェアの71.2%を占有し、2年連続1位を確保しています。

すでにRSUPPORTの製品を使っている世界中の多くの企業、政府、公共、金融、製造、教育機関から速くて安定的なサービス、完璧なセキュリティシステムを備えたリモートソリューションの専門企業として評価されています。

Excel(エクセルl)、Access(アクセス)、 Word(ワード) 、PowerPoint(パワーポイント)といった業務の効率化・生産性向上に欠かせないツールのスキルアップを図りたい方、企業様は下記の情報もご覧ください。